自分だけのキャンプツーリング・アイテムを揃える

24時間、愛車にベッタリ。

バイクを見ながらBBQ。バイクを見ながらお酒を呑む。朝起きると目の前にバイク。自他共に認めるバイク馬鹿の趣味、キャンプツーリング。ホントにステキな趣味だと思います。

限られた積載で自分らしさを

地元の食材買い込んで、炭火で料理をして、広いテーブルの上でおしゃれな食器で楽しく食事したい。快適な睡眠のためのテントやシュラフ(寝袋)も欲しい。雨対策としてタープも欲しい。焚き火もしたいから焚き火台…
気づけば積載が…なんてのは先輩ツーリングキャンパー誰もが通った道。

まずは最低限の衣食住アイテムを。って考えはイヤだな。

  • 自分のこだわりをもったキャンプツーリングを。
  • 妥協できるところはとことん妥協。
  • 夏と春秋で妥協できるものは違う。
  • 天気があやしかったらビジネスホテルも。
  • 積載を増やす方法を考える!

最後のは、積載できないのであれば積載できるようバイクをどうにかしちゃえばいいじゃんっていう、お話し。諸刃の剣にはなるけど、積みたいものすべてが必要なものであればそうするしかないのです。はい。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

自分のこだわりをもったキャンプツーリングを。

せっかくバイクと一夜を共にするんだから、こだわりあるキャンプにしたいですよね。
食事は炭火にこだわってBBQってのは個人的にも憧れます。食事といえば、ラーメンにこだわってそのためのクッカーを選ぶライダーさん多いですよね。即席麺であればカンタンなんですけど、具材とかにこだわるとなかなか。
キャンプといえばテントですけど、キャンプ場見てると、テントは意外と横一線って感じですねー。
ギターとかウクレレとかはうらやましいなー。

個人的にこだわったのは燻製をつくるスモーカー。お酒好きだからつまみづくりに。簡単そうなんだけど奥は深い。
あとはテントをフライシートだけ使って、コット(キャンピングベッド)を使ってるところ。下がふかふかの芝とは限らないから。睡眠大事。

妥協できるところはとことん妥協。

  • 火は安定・コンパクトのガスでまとめる。とか。
  • クッカー&食器はシェラカップだけにする。とか。
  • 食事はインスタントや缶詰+道の駅で買った惣菜。とか。
  • シュラフは化学繊維よりダウンの方がコンパクトになる。とか。(コスト的妥協?)

個人的に妥協したのはテントのインナーやマット。テントはフライシートだけ。

こんな工夫を考えてるだけでワクワクしてきますねー。

夏と春秋で妥協できるものは違う。

  • 夏はテントだけ or シュラフ+タープで大丈夫かも。
    もちろん標高とか天気とかで気温はだいぶ変わりますが。
  • 夏は焚き火台はいらない。その分、水分を。
    逆に荷物増えてる…!?
  • 春秋はビールいらない。アルコール度数が高いお酒で荷物削減。
    特定の酒好きに限る。

天気があやしかったらビジネスホテルや旅館も。

悪天候前提の準備をしなければ荷物は少なくできる。
とはいえ、連泊するようなキャンプツーリングの場合、すべての日が天気に恵まれないとは限らない。
そんな天気のときは「キャンプするのだー」って気持ちを抑えて、ビジネスホテルや旅館を選択するって決めれば荷物は抑えられる。それに悪天候のキャンプは次の日のツーリングにも影響出る可能性ありますからね。

積載を増やす方法を考える!

『わたしは積載を増やすためにバイクを変えました』ってのはホントの話。(裏事情で、前傾姿勢のバイク乗るのが辛くなってきたってのもあったんだけど…)
念願のトップ・パニアケース3点。感激の積載量です。
さすがにそれは考えられないって場合は「バイク ホムセン箱」でググってみよう。先人たちからヒントをいっぱいもらえるはず。

ただひとつ。積載を増やすとバイクの機動性が犠牲になるってことを忘れてはいけない。

キャンプツーリングって実は慌ただしい

キャンプでやりたいことって多々あるんだけど、実際はそんなにゆっくりできるものじゃない。よく雑誌とかで椅子に座ってくつろいでる写真が使われてるけど、あの瞬間はそんなに長くない。
出したものは片付けなければならないし、洗剤でゴシゴシしなければならないものもあったりする。
キャンプが目的であれば明るい時間にセッティングを始めて、ゆっくり朝ごはんを食べて昼前までに片付ければいい。
ツーリングが目的であればセッティングも片付けもできるだけ早く終わらせたい。
そんなことも思い浮かべながらキャンプ用品を探してみるといいと思う。

って書きながら、自分の物欲を抑えようとしてたりもする。( ̄∇ ̄; )