伝統や歴史も楽しむ!岐阜県のツーリングスポット情報

世界遺産の白川郷や日本三名泉の下呂温泉など、伝統や歴史たっぷりの岐阜県。ライダーとして走りたい道は白川街道(国道158号線)。御母衣湖(みぼろこ)近辺は白川郷へ向かう車やゴールデンウィーク頃に満開になる荘川桜で混雑するが、東海北陸自動車道の開通で若干は緩和している。また、長野県との県境に連ねる北アルプスの山間を通る国道158号線や471号線、木曽街道(国道361号線)も人気のルート。
石川県に抜ける楽しそうな有料道路「白山白川郷ホワイトロード」は残念ながらバイク禁止。

  • ライダーに人気の観光下呂温泉、白川郷(世界遺産)、高山朝市
  • ツーリングの定番道路伊吹山ドライブウェイ(有料道路)、白川街道(国道158号線)、鈴蘭スカイライン、せせらぎ街道(国道257号線、県道73号線)、野麦峠・野麦街道(県道39号線)、飛騨峡合掌ライン(国道156号線)
  • 食べたい!地元グルメ鮎、五平餅、飛騨牛、朴葉焼き
  • 隣接している都道府県富山県石川県福井県長野県愛知県滋賀県
岐阜県のスポット情報を募集中!

全国のライダーがもっとツーリングを楽しめるように、皆さんがオススメするツーリングスポット情報を投稿しませんか?

美濃エリア(岐阜市、大垣市、美濃市、多治見市など)

岐阜県郡上市にある日本最古の木造再建城、郡上八幡城。戦国時代から明治時代に廃藩置県まで存在した城。昭和8年に木造で再建。

予習することなく寄った郡上八幡城。城主とかの歴史がわからんから、正直あんまり興味もわかずw 結局ただぶらぶらと休憩しただけ。山の上に建っているだけあって景色はさすが。

美濃エリアは愛知県(名古屋)も近く、名古屋めしを楽しめる店も多い。

やっぱ名古屋は「きしめん」だぎゃーーって、カツカレーきしめんをランチに。ボリューム満点でウマかったんだけど…養老サービスエリアって岐阜だったのねw 誤差ってことでー。養老はバットの聖地だったりもするらしい。

木曽川中流の渓谷、恵那峡。大井ダムと恵那峡大橋の景色が人気の景勝地。春夏秋冬さまざまな景色を楽しめる。

晴天の恵那峡。さすが景勝地、いい景色。もうちょっとお店がにぎやかだったらよかったな。。工事が多かったのもちょっと残念。キレイになった頃にまた来よう。バイク置き場がわかりやすいのはステキ(*´ー`*)

恵那峡大橋の北側には展望台。恵那山や木曽駒ヶ岳、御嶽山も眺望できる。橋には歩道もあり恵那峡をさまざまな角度から楽しめる。

恵那峡大橋の上から。ダム湖とは思えない渓谷の景色。ひとりでも遊覧船乗っとけばよかったかな。。小さめのレストランはなぜか三陸屋で石巻推し。店主の故郷とか?三陸は好きだけど地元のもの食べたい。

馬籠宿は長野県との県境付近にある中山道六十九次の43番目の宿場町。下入口から上入口までの600mの坂道には多くの店が立ち並ぶ。日本人にも外国人観光客にも人気の大きな宿場町。

いまも栄える中山道の馬籠宿。30分ほどかけて宿場町をお散歩。平日なのになかなかの観光客。半分は日本語でなかったような。。締めは団子スタイルの五平餅。

馬籠宿の中心とも呼べる交差点にある「まごめや」。最大収容人数300名以上とかなり広い店だが昼時に大型観光バスが集まると一気に大混雑。団体客の予約が入らなそうな時間帯がオススメ。

馬籠宿にあるそば処「まごめや」。馬籠宿は既に人が多かったから店が混む前にメシ。メニューでド定番の「ざるそば」よりも前にある「里おろしそば」。ちょい太めのコシが強いそば。キノコの歯ごたえもいい。量もあって満足。

飛騨エリア(高山市、飛騨市、下呂市など)

ライダーにも大人気の世界遺産「白川郷」。合掌造りのレストランや喫茶店、宿泊できる「合掌民宿」もあり、古き良き文化を五感で感じられる観光地。

世界文化遺産の白川郷。GWはとにかく混んでた。バイクであってもピーク期に行くもんじゃない。でも、ピーク期じゃないとまとまった休みが取れないっていう現実。。。ぶらーっと散歩するにはいい場所なんだけどー。世界遺産って冠はスゴい。

道の駅「奥飛騨温泉郷上宝」にはオートキャンプ場が併設。道の駅はレストランや産直野菜売場もあって充実。

休憩に寄った道の駅でよさげなキャンプ場みつけた。バイク用サイト?さすがに専用ではないと思うが。。ソロで1,800円ほど。道の駅に隣接ってのは便利。奥飛騨温泉郷オートキャンプ場。

全国区のブランド牛、飛騨牛。ステーキ、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶはもちろん、朴葉焼きや寿司で食べるのもいい。

高山市の「丸明 飛騨高山店」。ブランド牛の飛騨牛を焼肉スタイルのステーキで。ビールがすすむすすむ。渋滞に巻き込まれたツーリングの疲れも吹っ飛んだ! というか、アルコールで麻痺したw

日本三大朝市のひとつ「飛騨高山朝市」。高山朝市には「陣屋前朝市」と「宮川朝市」があり朝6時から昼まで毎日開催されている。(冬期は7時から)

高山市の早朝、ぶらぶらと宮川朝市へ。既に日は昇ってたけど、写真が暗いなー。曇り空だったからかなー。撮る人の腕の問題かw 7時前から露店とかおみやげ屋さんも営業。なかなかの賑わいっぷり。

高山市の中心には江戸時代の城下町が保全されており、飛騨の小京都とも呼ばれる。外国人観光客も増え、観光地としても整備さている。

高山駅前の交番で観光マップもらって宿を探してたところ、キャンセルが入ったからと泊めてくれた民宿「岩田館」。助かったー。しかも宮川朝市が徒歩圏内でうれしい。朝食の朴葉味噌が忘れられん。

岐阜県と長野県の県境。北に乗鞍岳、南に御嶽山が位置する県道39号(野麦街道)の峠。「野麦峠 お助小屋」と「峠の資料館 野麦峠の館」がある休憩スポット。

マジで寒かった野麦峠w 県道39号の野麦街道を上りながら、せめて太陽が出てればなーって何度思ったことか。。。山頂の駐車場には残雪。GWでもココの春はもうちょっと先らしい。

日本三名泉のひとつ下呂温泉。50を越える温泉宿や無料露天風呂の「噴泉池」、外湯の「白鷺の湯」「クアガーデン露天風呂」、足湯も点在している温泉街。

期待を裏切らない下呂温泉の混雑っぷり。GWに宿を予約しないで行くとこうなるw 下呂駅前の観光案内所で宿一覧をもらって片っ端から電話、電話、電話。。。20軒ぐらいかけてやっと夕食なしの宿ゲット!日本三名泉おそるべし。荷物を置いて温泉街を散歩。

下呂温泉には大きな温泉ホテルはもちろんのこと、小さな旅館や温泉ビジネスホテルなどもあり、泊まり方によって宿を選ぶのも楽しい。

飛び込みで泊めてもらえた下呂温泉の旅館瓢きん。ホントありがたかった!ちょっと分かりづらい場所だったけど、部屋からの飛騨川の景色もよかったし、温泉街はすぐそこだし。ありがたや~