長野県ツーリングスポット18選!2,000m級の山々は見てよし、走ってよし、登ってよし

update 2020.8.23

北アルプス、中央アルプス、南アルプスをはじめとした2,000mを越える山々が魅力的。特にビーナスラインはライダー定番の道。国道292号線、群馬県境の渋峠は国道標高日本一、八ヶ岳を越えるメルヘン街道(国道299号線)は国道標高2位。
名産は信州そばを中心に高原野菜や山菜、昔からの馬肉文化を楽しめる。

ライダーに人気の観光
美ヶ原高原、大王わさび農場、上諏訪温泉、霧ヶ峰、渋温泉、白樺湖、高ボッチ高原、妻籠宿、戸隠神社、野沢温泉、白馬村、分杭峠、別所温泉、松本城長野県の温泉ツーリングスポット
ツーリングの定番道路
美ヶ原スカイライン、美ヶ原高原道路、志賀草津高原ルート(国道292号線)野麦峠・野麦街道(県道39号線)ビーナスライン(県道40号線、192号線、194号線など)、万座道路(県道112号線、毛無峠)、メルヘン街道(国道299号線)、八ヶ岳エコーライン(八ヶ岳西麓広域農道)
食べたい!地元グルメ
おやき、五平餅、信州牛、信州サーモン、信州そば、ソースカツ丼、馬刺、松本山賊焼き、ローメン。長野県のグルメツーリングスポット
隣接している都道府県
群馬県 埼玉県 新潟県 富山県 山梨県 静岡県 岐阜県 愛知県
長野県のスポット情報を募集中!

全国のライダーがもっとツーリングを楽しめるように、皆さんがオススメするツーリングスポット情報を投稿しませんか?

1.ビーナスライン

長野県で人気No.1!全国でもトップクラスの人気を誇る高原道路のビーナスライン。一部に急勾配やタイトなカーブがあるものの、比較的走りやすいのも人気の理由のひとつ。

ツーリングスポット
まとめ

ビーナスライン

ライダー定番

ライダーの聖地とも呼ばれるビーナスライン。全長76キロで始点と終点の標高差は1,000m。車山高原・霧ヶ峰エリアの大パノラマはまさに絶景。終点には標高日本一の道の駅「美ヶ原高原」がある。
長野県の中央よりやや東寄りに位置し、中信エリア、東信エリア、南信エリアにまたがる。

ツーリングスポットまとめ ビーナスライン

2.戸隠神社

霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる。宝光社、火之御子社、中社はバイクで乗りつけられるが、奥社、九頭龍社は駐車場から山道を40分歩いた山の中腹にある。パワースポットとしても知られており、戸隠古道を歩く戸隠神社五社巡りも人気。日本三大そばのひとつ「戸隠そば」は外せない。長野県の北部、北信エリア。

3.メルヘン街道

国道標高2位!と聞いてなんとも思わないライダーはいないはず。タイトなカーブも多いが道幅は片側1車線はあるため、慎重に走れば初心者でも十分に走れる道。飲食店やお土産屋さんは麓に数店程度。走り始める前にトイレに行っておいたほうがいい。

ツーリングスポット
まとめ

メルヘン街道

ライダー定番 国道標高2位

国道標高2位の2,127mを通るメルヘン街道は、八ヶ岳を東西に抜ける道。山間部は木々に囲まれた道でパノラマの景色こそ望めないが、最高地点近くにある白駒池では神秘的な景色を楽しめる。長野県の東部、東信エリアと南信エリアにまたがる。

ツーリングスポットまとめ メルヘン街道

4.松本城

お城好きは外せない!天気が悪かったらビーナスラインや高ボッチを諦めて松本観光に切り替えるのが正解!松本城のまわりはもちろん観光地。お城見学の後は信州グルメも楽しむ!

ツーリングスポット
まとめ

松本城

観光名所 国宝

現存12天守のひとつ国宝「松本城」。松本盆地に建つ平城でお堀の外側は松本城公園として整備されている。城の中は急で狭い階段、当時の道具などが展示され、天守閣からは松本市内や北アルプスを眺望できる。

ツーリングスポットまとめ 松本城

5.美ヶ原高原

標高2,000メートルに広がる大パノラマ高原!標高2,000メートルに美術館!?「ビーナスラインの終点でソフトクリーム」というだけでは終わらない見どころ盛りだくさんの高原。

ツーリングスポット
まとめ

美ヶ原高原

観光名所

王ヶ頭や王ヶ鼻、茶臼山などの2,000m級の山々が連なってできている美ヶ原高原。標高日本一の道の駅「美ヶ原高原」はビーナスラインを楽しむライダーが多く集まる。道の駅から北側をぐるっとまわって王ヶ頭方面に向かうとこれまた絶景の中を走れる「美ヶ原高原道路(通称:裏ビーナス)」。バイクを置いて高原散歩もまた気持ちいい。長野県のほぼ中央に位置し、中信エリアと東信エリアにまたがる。

ツーリングスポットまとめ 美ヶ原高原

6.白樺湖

白樺湖周辺はファミリー層向けの観光地。ライダーはビーナスラインや大門街道(国道152号線)のツーリングの休憩所として使っていることが多い。湖畔は遊歩道も整備されており、避暑地ならではの白樺の景色を楽しむ休憩がオススメ。

ツーリングスポット
まとめ

白樺湖

観光名所

標高1,400mを越える高地にある湖。周囲は約3.8キロと大きくはないが、ビーナスライン沿いにあり、夏は避暑地、冬はスキー場とリゾート地として開発された。今でも池の平ホテルを中心に人気があり、連休や観光シーズンは混雑する。紅葉の見頃は10月中旬~11月上旬。周辺道路の冬期通行止めはないが、10〜4月は天候次第では積雪・路面凍結する。長野県の中央よりやや東寄りに位置し、東信エリアと南信エリアにまたがる。

ツーリングスポットまとめ 白樺湖

7.下栗の里

標高800~1100mの「日本のチロル」とも呼ばれる絶景地。景色だけでなく、下栗イモや下栗ソバなどの伝統食材も楽しめる。展望台までは駐車場から20〜30分ほど。駐車場までの道は狭く、急カーブや急坂も多いため走行は慎重に。長野県南部、南信エリア。

一度見たかったこの景色、下栗の里。駐車場から早歩きで山道を歩くこと15分。よくぞそこに集落をつくった!ちゃんと生活してるんだもんなー。「日本のチロル」とか「天空の里」なんて呼ばれ方もしてる。

8.妻籠宿

昔も今も中山道・木曽路の旅人で賑わう憩いの場「妻籠宿(つまごじゅく)」。伝統や歴史に興味がなくても、この街並みには「おっ」と思うはず。長野県を代表する伝統を受け継ぐ宿場町のひとつ。

ツーリングスポット
まとめ

妻籠宿

観光名所

中山道・信州木曽路六十九次42番目の宿場、妻籠宿。伝統的な街並みが使われながら守られており、建物は食事処や旅館・宿、お土産店、資料館として営業している。隣接する馬籠宿(岐阜県中津川市)とセットで訪れる観光客も多い。長野県の南西部、中信エリア。

ツーリングスポットまとめ 妻籠宿

9.諏訪大社

諏訪湖周辺に4ヶ所(上社 本宮・前宮、下社 秋宮・春宮)の境内を持つ諏訪大社。信濃国一宮。日本最古の神社のひとつといわれるほど歴史があり、軍神や狩猟神として崇敬されている。境内には御柱(おんばしら)と呼ぶ木柱が立っており、6年に1度催される御柱祭が有名。長野県のほぼ中央、南信エリア。

10.諏訪湖

長野県最大の湖。湖の東部には上諏訪温泉、北部には下諏訪温泉、信濃国一宮の諏訪大社と観光名所が点在している。8月の4万発が打ち上げられる諏訪湖花火大会には多くの観光客が集まる。諏訪湖が一望できる立石公園は、アニメ「君の名は」のモデルになったといわれている。長野県のほぼ中央、南信エリア。

諏訪湖の夕陽。カルガモが垂直に潜ったり、飛んだりしてるところを見ながらまったりと。ツーリング後のこういう時間も好き。

11.高ボッチ高原

天気がいいと、富士山・八ヶ岳・南アルプス・諏訪湖が一望できる景勝地。山頂までは南側の国道20号線か、西側の「アルプス展望しののめのみち」から高ボッチスカイラインを走る。クルマがすれ違えない道幅の部分があったり、舗装はされているものの荒れてるところもあるため、走行には注意が必要な道。アニメ「ゆるキャン△」の聖地めぐりを楽しむライダーも多い。長野県のほぼ中央、中信エリアと南信エリアにまたがる。

12.志賀草津高原ルート

国道標高日本一!必ずいつかは行きたいツーリングスポット。群馬県側の火山・高原景色エリアもいいが、長野県側の山景色エリアも気持ちいい!標高約2,100mにある横手山ドライブインの展望レストラン、名物の熊笹ソフトが人気。

ツーリングスポット
まとめ

志賀草津高原ルート

ライダー定番 国道標高1位

長野県と群馬県にまたがる志賀草津高原ルート(国道292号線)。県境付近の渋峠には標高2,172mの国道最高地点があり、記念撮影するライダーや観光客が多い。長野県側には県境ホテルとして有名になった渋峠ホテルや、絶景レストランがある横手山ドライブイン、温泉に浸かるサルを見ることができる地獄谷野猿公苑、情緒あふれる石畳の温泉街「渋温泉」などが名所。長野県の北東部、北信エリア。

ツーリングスポットまとめ 志賀草津高原ルート

13.寝覚の床

国の名勝に指定されている「寝覚の床」。日本五大名峡のひとつで、木曽川の流れによって花崗岩が削られてできた景勝地。浦島太郎が玉手箱を開いた場所として伝説が語り継がれ、浦島太郎は上松町のご当地キャラクタのモデルにもなっている。長野県の南西部、中信エリア。

ココの景色はスゴかった!寝覚の床。川の流れが岩盤をこんなカタチに削るなんて。。石をぴょんぴょん渡って浦島堂へ。しっかし、海なし長野県に浦島太郎伝説とは驚いた!(・0・)

14.分杭峠

ゼロ磁場のパワースポットとして一時期ブームとなった国道152号線の分杭峠。いまも観光シーズンになると全国から観光客が訪れ、氣場や水汲み場に集まる。分杭峠には駐車場がないため、分杭峠の北側にある駐車場からシャトルバス(有料)で向かう。長野県の南東部、南信エリア。

バイクを置いてシャトルバスで分杭峠へ。ゼロ磁場のパワースポット。地球の歴史とパワーをなんとな〜く感じてきた。雰囲気あっていい。シャトルバスを待ったりしてる時間がちょっとね。。

15.大王わさび農場

北アルプスからの湧き水を利用したわさび栽培をしている国内でも最大規模の「大王わさび農場」。わさび園だけでなく、レストランやフードコート、お土産屋さんなどもある観光施設。信州そば+わさび、ソフトクリーム×わさびなどの"わさびづくしグルメ"が味わえる。長野県の中央やや北寄り、中信エリア。

16.野麦峠

乗鞍岳と御嶽山の間を縫って長野県と岐阜県をまたぐ野麦街道。国道361号線の方が走りやすいけど、ライダーならここはあえて歴史情緒ある野麦街道へ。むかし、能登のブリを信州に運んだ経路として、また「あゝ野麦峠」の舞台として知られている。

ツーリングスポット
まとめ

野麦峠

長野県と岐阜県の県境、野麦街道(県道39号線)にある野麦峠。野麦街道は標高が高くなるにつれて道幅が狭くなり、クルマがすれ違えない場所もある。野麦峠の山頂には峠の資料館「野麦峠の館」や、食事などができる「お助け小屋」がある。11中旬〜4月中旬は冬季閉鎖。長野県の西部、中信エリア。

ツーリングスポットまとめ 野麦峠

17.御岳スカイライン

正式な道路名ではないらしい。。が、おんたけ2240スキー場のゲレンデを絶景を見ながら走る、ちょっと変わったおもしろい道。御嶽神社参拝のための道として、御嶽山の登山口までとしての道として整備されている。御岳湖から県道256号線でとにかく登っていくと、リフト乗場を通過し、そのまま御岳スカイラインへと続く。長野県の西部、中信エリア。

18.八ヶ岳エコーライン(八ヶ岳西麓広域農道)

元々は農産物の輸送のためにつくられた農道だが、諏訪南ICとビーナスラインやメルヘン街道、大門街道(国道152号線)を結ぶ観光道路として使われている。南北に長い八ヶ岳を見ながら平行して走ることができる絶景道路。全長16.2km。長野県の東部、南信エリア。

八ヶ岳、好きだなー。八ヶ岳エコーライン沿い。ちょいと農道にお邪魔して。

八ヶ岳を真正面に見て走れる道。電線とガードレールがなければなー。。なんてわがままは言わない。晴天の朝の優雅なツーリング。